【故郷の低山ー三郷山】
山名   三郷山。標高119.8m。三角点標石あり。
交通 伊勢市駅前からバスで「大倉うぐいす台」下車、徒歩5分の浦口町地内にあります。
登山口 西口・北口。その他(宮川中学校裏・宇治山田高校裏・やすらぎ墓地裏)
登山レベル   ファミリ向き。
登山道は、整備され案内板も完璧。展望台まで30分ほど
タイム 展望台まで約片道30分。中腹散策コース片道約45分
山頂展望台 展望台から伊勢市北部の宮川河口街並みと伊勢湾が見える。




概要
 別名「ロマンの森」という名が付いている。
 森林浴などを楽しめる機能を備えた生活環境保全林として県営治山事業により整備された。
 また、「森林浴の森日本100選」にも選ばれている。優れた自然公園です。

 メインの道は、展望台を備えた「ふれあいの広場」へ向かう道です。近くに三角点標石あり。
 途中、「つどいの広場」・「いこいの広場」・「野鳥の森」・「こかげの広場」へと林間をぬう遊歩道が整備され自然に親しめる環境となっている。
 展望台からは、宮川河口から伊勢湾と伊勢市街も見えます。展望台の反対側にも朝熊ケ岳が見える展望地があります。標識がないので少し分かりにくい。
 駐車地からゆっくり歩いて30分程度です。
 中腹散策コースを行くと、、季節の花の木を集めた「早春の森」や「秋の森」、実の成る木の多い、市内の小中学校の木を生徒自身で植えた「学校の森」、その上に「若人の広場」がある。
 「若人の広場」は、こんもりした台地で癒しの森です。木の隙間から市街も見えます。ここまで来る人は少ないですが、ぜひ足を延ばして欲しいところです。
 
 この森の特色は、管理者が浦口町町内なので山全体が自然林のまま保全されてきたことである。花木の種類が多く四季楽しめる身近なハイキングコースとなっている。
 地形図

【2016年3月17日の日記】 
天気は、快晴。人数、2人(家内)。
11時過ぎ駐車場に到着。今日は、お天気が良く温かく早朝から多くの人が登っているようだ。
駐車場の空きは少ないが、10数人の団体が早くも下山してきたのでその後に車を留める。
出発すると間もなく賑やかな声がする。上から精華学院の生徒が先生に引率されて降りてきた。
時折、奇声が聞こえてくるが春の陽気で皆さん気分良さそうだ。
貯水タンクの上に来ると、コブシの白い花が咲き始め春の様相だ。
中腹散策路に来ると、ショウジョバカマが多く咲いていた。
散歩道には、タンポポやスミレも咲き里山に春がやってきた。
12時30分。ふれあい広場展望台で昼食。
宮川に架かる度会橋や伊勢市街など伊勢湾も澄んできれいに見えた。
食事を済ませた頃、市内岡本町から来たHさんがやってきた。
伊勢近辺の山談義に盛り上がる。
帰り道、少年が丈の長い網でチョウチョウを追いかけていた。                

【入口付近、コブシの花が咲きはじめていた】

【伊勢三山、空は澄みきれいに見えた】 

丸みを帯びた大日山。

【いこいの広場】 
いこいの広場から見える伊勢市街

【反対側のいこいの広場】 


【若人の広場】 
 若人からふれあい森を見る。

【ショウジョバカマ】 

【学校の森】 
 100年の大木を目指し植樹されたトチの木は枯れていた。

【ふれあいの広場】 

 展望台から伊勢市街の眺め。
 下、朝熊ケ岳


【2015年10月19日の日記】 
天気、快晴。
午後2時20分駐車場着。゛下山は4時50分。
上から近くの聖華学園にいる人たち30人ほど先生と一緒に降りてきた。
その他、20人位の人とすれ違った。
ロマンの森には秋の花木が多く咲いていた。
クサギの実、コウヤボウキアサマリンドウなどです。
特にアサマリンドウは今が見ごろです。数が多いのにびっくり。 
アサギマダラも飛んでいた。

【登山口】 

左、市道宮本2号線沿いに建つ案内標識。
右、駐車場。10台位い駐車可能。

【少し坂を上がると宮川渡会橋方面が見える】 

【大きな2つの貯水タンクが2つある。】 


【いこいの広場に記念碑あり、木の隙間から宮川・度会橋が見えた】 


【いこいの広場】 


【学校の森 

【若人の広場】

【こどもの丘】 

 手前が「こどもの丘」。奥が「若人の丘」。

 【野鳥の森iにアサギマダラが飛んでいた】

【ふれあいの広場】 

【ふれあい広場東側の展望地から朝熊ケ岳を撮る】 


【帰路、駐車地付近から国束山辺りに落ちる夕陽を撮る】