【山記録】
     鳴子山
日時・天候 2013年08月05日(月)晴 
山名・ 山域   鳴子山(371.8m)国束山(411m)  三重・玉城町
交通・駐車地等 登山口の弘法石へ駐車(4台位駐車可能))
コース・タイム  弘法石登山口(10:20)〜分岐(10:30)〜鳴子山(11:20-30)〜国束山(11:45-12:20)〜坂井へ下る(13:10-13:40)〜国束寺跡(15:00-15:15)〜弘法石登山口(16:00)
●総タイム5時間40分
●標準コースタイム 3時間余り(休憩・探索・撮影タイム除く)
●標高差+698m−732m
●距離沿面距離76km
 人数  単独

【軌跡・山旅400000図】
1

【山記録】
  伊勢の近くにある温泉の山といえば国束山である。
 伊勢市から車で20分程度、伊勢高速「玉城インター」を下車すると7分位で来られる。 
 竹下元総理が提案した「ふるさと創生資金」できたのが弘法の湯「アスピア玉城」という名の日帰り温泉である。
 65才以上は、350円と安いのが魅力である。その他、新鮮な野菜などを売る工房もある。
 登山口へは、「弘法の湯」横道から入ると一本道である。距離は、凡そ1,5km。
 高速道のガードを潜り新池に出る。この先は、道が狭くて対向はできない。

 玉城町原から登るのが一般向きである。谷コースとメインコースがあり2時間ほどで周回できる。
 その他、度会町の平生と坂井から登るルートがある。
 何れも国束寺が山頂にあった頃の参詣道である。
 今回は、原から国束山に登り坂井道を往復し原に戻るコースを歩いた。
 沿面距離は、ほぼ7.6キロでした。

j
山頂にあった国束寺
 今は、廃寺跡として明るく開け大きな広場となっている。
 廃寺跡の疎石や神社などが点在し椅子テーブルもあり休憩所としても利用できる。
 中央には寺の資料が展示されている。
 絵図を見ると当時はかなり立派な寺であったことが忍ばれる。
 一段高い所の国束山頂には奥の院もあった。
 風月にさらされた文献は、かなり傷んでいるが何とか読める。
 涌福智山・国束寺は、聖徳太子の発願で1400年以上の歴史があり現在の国束寺は戦後(昭和27年)に平生に移設し山を下りた。と記されている。
 平生集落に建っている今の建物は、昔の面影はなく歴史に追いやらた感さえする。

 国束山は、国束寺跡と思えば分かりやすい。
 展望はない。
 原や平生からは、一般ルートである。
 しかしながら歩いて周回すのはしんどい。(単車か自転車で置車をしないと)

 今回は、坂井道をピストンで往復する。
 参詣道の面影が残っていた。
 「12町石の石碑」、「是より東西殺生禁」、「是より国束寺境内」と信仰の山らしい石碑があった。
 ゛残念なのは、P292を通らず巻き道を行ったことである。
 地図を持っていかなかったのでルートを読めなかった。途中でGPSを見たが後の祭りだった。
 
 この坂井道は、荒れ放題である。
 最近、人が歩いた形跡なし。
 坂井から入ると、登山口分かりにくい。
 登山口にテープはあるが標識もなし。
 その先にもテープ(谷道)あり。多分山師の道だろうが分かりにくい。
 初心者は、経験者と同行してほしい。

【アスピア玉城】

 この画像は、2013年アスピア案山子展の作品です 9月に撮影したものです。

 左写真のバックは、伊勢高速と国束山です。

【弘法石登山口】

左、一般道登山口。直進は谷道ルート。

【谷道と分岐】

 未舗装の荒れた山道に入る(右)
 イワタバコはまだ咲いていなかった。サワガニのいる湿っぽい森。

【荒れた林道に入る】

 1キロ余り歩くと行き止まり。
 今日は、湿気があり蒸し暑い。
 蛭のいそうな気配である。
 長袖長ズボン・スパッツの上に「ヒルノック」を振り掛け対策をしてきた。

 

【ヤブに入る】
 鳴子山の尾根筋に向かう。
 ヤブの中に入ると頭にも要注意である。
 白い帽子のツバの上に乗っていた。野球帽なら首筋に入ったかと思う。ゾットする。
 今日は、全部で3匹遭遇した。
 

【鳴子山頂】

 鳴子山山頂。展望なし。三角点あり。

 山頂から北に100m
ほど先に樫の大木あり。

【大赤樫の木】

【谷道との分岐】

谷道を登って来るとこの尾根に合流する。

【国束山】

【国束山から坂井に下り再度登り返す】
 最近、人が通った痕跡なし。下に来るほど荒れていた。

【坂井から国束山への参詣道】

 案内標識なし。
 今は、平生にお寺があるので国束山へ登る人はいないようだ
 
 


【分かりにくい入口付近】

池。
池の向こうにP292が見える。

上右 通せんぼの標識ですが、理解できません。
 池の奥に行かないと登山口へ行けません。

【石地蔵】

【登山口】
 左の所に登山口という標識がない。
 手前にも奥にもテープが巻かれているので要注意。

 奥は、山師が付けたと思われるテープか。谷筋の道。

 

手入れされた植林の谷上部(左)に来るとP292のへの尾根下に出る(右)

【この先の山域は、国束寺境内との石碑が建つ】

【標石と石地蔵】


【石地蔵】

【標石と石地蔵】


【国束寺跡】

【現在、平生にある国束寺】

2012.08.27 国束山行者道