【天空界道とは、】いせ人の山楽誌
 五十鈴川流域の尾根は、概ね伊勢市、南伊勢町、志摩市の境界線となっています。
 この山域の内側は神宮林域で原生林の未開地です。旧伊勢市面積の約1/3を占めています。
 人は、尾根伝いに歩くコースを俗称「天空界道」と呼んでいます。
 「天照大神が鎮座する天空」の道 は、宇治橋を起点とし鼓ケ岳から尾根筋沿いに朝熊金剛證寺(天照大神護り寺)へと向かう巡礼路です。
 コースは、神宮会館〜鼓ケ岳〜前山〜鷲嶺〜竜ケ峠〜八大竜王〜八禰宜山〜剣峠〜京路山〜東京路山〜筑地山〜天の岩戸頭〜モンスターズヒル〜神路辻〜下五知頭〜山伏峠〜朝熊金剛証寺〜奥の院〜朝熊経塚〜朝熊ケ岳〜朝熊峠〜一宇田の頭〜楠部山〜内宮宇治橋まで延長約35キロ程度(?)です。

 この中心地には「天照大神」という高貴な方のお住まいがあります。
 この神聖なる地に近づくには、身も心も清新でなければなりません。
 境界尾根を歩くことは可能ですが、境界線から神宮域内に入ることは出来ません。
 但し、
前山手前〜鷲峰は、神宮の領域内に入るため通行許可書が必要です
 不心得者(タバコ火の不始末・花や木の盗人)が、いないか常に神宮司庁の警備員が巡視しております。低山ながら神が宿る山は、今も太古の静けさです。

 この大いなる聖地に一度は挑戦したいと思っていましたが、実現していません。
 こま切れに歩くことは簡単ですが、天空界道を日帰りで完全走破することは容易ではありません。
 この天空界道を踏破したという人はいませんでしたが、平成22年に「アマテラスオオミカミ」の護り人が現れました。この人の情報では35キロほど11時間30分で踏破したと聞きました。今のところ世界で1人と思います
 画像掲示板コメント1(上地っこさん)

日時    コース
17.04.03  宇治竜ケ岳駐車場〜登山口〜天空界道出会〜前山〜鷲峰〜竜ケ峠〜宇治竜ケ岳駐車場
17.02.22 お正月用コース(前山養命の滝〜蓮台寺の丘〜鼓ケ岳〜五本松神社〜ダイレクトに宇治橋前へ下山)
15.12.06  お正月用コース(前山養命の滝〜蓮台寺の丘〜鼓ケ岳〜五本松神社〜ダイレクトに宇治橋前へ下山) 
15.04.16  仙人橋下〜竜ケ峠〜P411〜P392〜P381〜床の木分岐〜P401八大竜王〜県道八禰宜山分岐〜県道〜剣峠〜高麗広 
14.12.28   宇治磯部道〜伊勢道路〜島路川支川〜彦ケ滝〜礒部岳道〜金剛訟寺〜朝熊ケ岳宇治岳道〜宇治岳道登山口
14.09.18 前山養命の滝〜天神の滝〜蓮台寺の丘〜鼓ケ岳〜五本松神社〜南谷〜宇治橋
14.05.23  宇治岳道天空界道最後のトレイルです。5月中頃には貴重な花ジングウツヅジが咲くことで知られています
14.05.08 床の木〜八禰宜山〜剣峠〜京路山〜切原峠〜床の木
14.01.28 天の岩戸駐車場〜神路辻〜モンスターズヒル〜天の岩戸頭〜築地山〜京路山東峰〜築地山〜天の岩戸駐車場  
14.01.22 五知駅〜P362.4神路辻〜山伏峠〜朝熊峠〜出会広場 
13.10.11 横輪飛滝口〜飛滝〜鷲嶺展望台〜鷲嶺〜P470〜鷲嶺水穴〜横輪〜下一郷橋
05.11.06 神宮会館〜鼓ケ岳〜前山鷲嶺豪雨昼間なのにヘッドライトを付け鷲嶺さ迷う。
 竜ケ峠 天空界道の中心部にある竜ケ峠