が人生に山あり 作詞Shunon作曲加藤登紀子

 2016年9月、秋雨前線が停滞し雨の日が多かった。
 先週は、毎日雨の日が続いていた。今日も朝起きたら雲が多くてすっきりしないが雨は降っていない。
 自宅から朝熊ケ岳を見ると、山は雲に覆われて何も見えなかったが8時頃になってようやく山が見えてきたので出かけることにした。出会い広場は満車で第二駐車場へ留める。
 9時半、出発。岳道は、長雨で山のあちこちに白いキノコが顔を出していた。
 朝熊峠の手前に来たら数人グループの人が降りてきた。「山頂から富士山が見える」という情報を聞く。急いで山頂に向かう。山頂に来たら伊勢湾が白い海に変身していた。まるで雲海のような景観です。太陽が出ている昼間、こんな伊勢湾は見たことがない。山頂や山上公苑にきても変わらず。白い海に黒い神島がはっきりと浮かんでいる。その先に富士山がきれいに見え感激した。何と今日は、下山時まで富士が見えていたのだ。通常では考えられないことです。